Keep Upgrading Myself!!!

多くの人達と様々な経験をシェアすることによって互いに成長し続けていきたいと思い、ブログを始めました!          旅行や語学学習の記事を中心にUPしていきたいなって思ってます!!!

錫蘭。光り輝く宝の国。

錫蘭。どこの国だか分かりますか?ちなみに国旗はこちら。

f:id:TakeharaMasahiko:20161117023106p:plain

正解はスリランカ。あなたはスリランカにどのような印象を持っていますか?首都の名前※1がすごく長いことや、インドの隣にある紅茶の美味しい国※2ということ以外は余り知られていないように思います。ちょうど先週の土曜日(2016/11/12)に放送された「世界ふしぎ発見!」で、スリランカが紹介されていましたが、僕がスリランカに興味を持ち、いつか行きたいなと思うようになったきっかけは、約3年前(2013/7/13)に同じくふしぎ発見の75分スペシャルでスリランカが特集されたことでした。今回は折角なので、75分スペシャルを見て知った日本とスリランカの意外な関係と、僕がスリランカでやってみたいことについてお話したいと思います!

 

75分スペシャルの中でスリランカが戦後の日本を救ってくれたという話が取り上げられていました。どういうことだか分かりますか?

 

1951年のサンフランシスコ講和会議、そこでは敗戦国である日本に賠償金を含む厳しい制裁措置を加えようと諸外国の代表たちが議論を行っていました。そんな中、セイロン代表として参加していた、後のスリランカ第二代大統領であるジュニウス・リチャード・ジャヤワルダナ氏※3が法句経の一説を引用しながら、

「日本の掲げた理想に独立を望むアジアの人々が共感を覚えたことを忘れないで欲しい。憎悪は憎悪によって止むことはなく、慈愛によって止む。」

と演説を行い、対日賠償請求権を放棄しました。この演説が各国の代表の心に響き、多くの賛同を得たため、日本の分割統治案を退け、大国であるソ連の反対も押し切って、日本が国際社会に復帰できる道筋をつくることができました。更に、亡くなる際に「右目はスリランカ人に、左目は日本人に」と遺言をのこし、実際に片目は日本に送られました。両国の未来を見続けたいという思いからだったと言われています。

              f:id:TakeharaMasahiko:20161117023645j:plain

          ジュニウス・リチャード・ジャヤワルダナ - Wikipedia

とても感動的な話ですよね?この話、学校で習うのでほとんどのスリランカ人が知っているそうです。恥ずかしながら、僕はこのスペシャルを見るまでそんなことがあったなんて全く知りませんでした。学校の歴史の授業ではそのようなことは習わなかったし、こんな大事な事を知らない自分がとても情けなかったです…。番組の最後にスリランカ人のゲストが「スリランカは日本にずっと片思いをしている。日本の人にもっとスリランカについて知って欲しい。」と話していました。この番組を見て以来、いつかスリランカに行ってスリランカの人々にお礼を言いたいと思っています。

 

さて、書きたいこと書いたので、ここからは余談ですww。時間がない人はここから先は読まなくても大丈夫ですよ!では、スリランカで僕がやってみたい4つのことをご紹介します。

 

①占い

            f:id:TakeharaMasahiko:20161117023533p:plain

よく「理系なのに、占いが好きなの?」って言われます。でも、科学では解明できないまたは制御できない何かがあるからこそ、人は自然に対して謙虚になれるのだと思います。占いをきっかけにこれまでの自分の生き方を振り返り、これからどうしていくべきかを考えるのが今の僕の大事な習慣になっています。スリランカもとても占いが盛んです。スリランカ占星術という独自の占星術があり、多くのスリランカ人が子供が生まれた時は占星術師にお願いしてホロスコープを作ってもらうのだとか。僕も占ってもらいたい!ただ、スリランカでは様々な種類の宝石がたくさん取れるので、占いの後は自分に合ったパワーストーンを身につけるのが一般的だそう。うっかり高価なものを買わないように気を付けましょう!

 

②ダイビング

        f:id:TakeharaMasahiko:20161117024308p:plain

四方を海に囲まれている島国なので、ダイビングスポットも多数存在します。沈船、美しいサンゴ礁、エイやバラクーダの群れ、更にジンベイザメにも会えるみたいですよ。

 

ローズクォーツマウンテン

ここは先週のふしぎ発見でも紹介されていましたね。恋愛運UPのパワーストーンとして有名なローズクォーツでできた山です。裸足で登ればそのパワーを直接吸収できるらしいです。がっつりパワーを吸収して帰りたいですね!

 

④留学

                                 f:id:TakeharaMasahiko:20161118051407p:plain

留学って憧れますよね。スリランカはかつてはイギリスの植民地だったので、ほとんどの人が英語を話すことができるそうです。料金も欧米への留学と比べると低価格なよう。安いプランだと一週間5万円!アーユルヴェーダ体験、世界遺産ツアーを含むプランもあり、英語を勉強しつつ、スリランカを満喫することもできそう!本気でスリランカに留学したくなってきてしまいました…。

スリランカ留学〜St. Josephs International English Language School〜 | 奨学金留学ギア

プチ留学スリランカ 5つのポイント

スリランカ留学ドットコム

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございましたm(_ _)m。では、また!!

 

※1「スリジャヤワルダナプラコッテ」。スリ=聖なる、ジャヤワルダナ=前述の第二代大統領の名前、プラ=街、コッテ=元々の街の名前。長い…。

 

※2「こどものおもちゃ」というアニメの中の「ばびっと数え歌」で覚えた人も多いはず。

こどものおもちゃ ばびっと数え歌 NY編 by イシュタル - ニコニコ動画

ニコ動を見れない人はごめんなさいm(_ _)m。

 

※3講和会議時は蔵相。